腎臓病といっても原因や症状が違いさまざまな病状を表します

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、日常的に規則正しい生活を続けることにより心身一緒に活力溢れた毎日を過ごすことができます。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。たとえば、いつもとは違う尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。食材の味を楽しむことができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方にむけた「低たんぱく質食品」が市販されています。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して下さい。近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を創り出したり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しふさわしい治療をうけることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切だと思います。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、個々の状態と環境にマッチした治療を選ぶことが期待できます。腎臓病のうち慢性腎臓病(蛋白尿が出たり、腎臓の機能が60%以下に低下した状態が続くことを指します)については、腎機能の修復が難しいので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。濃縮加工した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物に比べてカリウム含有量は極めて高いものが多いです。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、また、赤血球を創り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの重要な役割を担っています。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢におこなうことが大切だと思います。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓病が徐々に進展してくると腎不全へと推移します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状にふさわしい治療と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。あわせて読むとおすすめなサイト⇒クレアチニン 下げる サプリ