血糖値を上げないためにも食べるタイミングは非常に重要です!

人は歳と一緒にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。その結果、血糖値の上昇へと繋がります。食事の後は特に、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。野菜から先に食べる食事法です。食物繊維を豊富にふくむゴボウやキャベツといった野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。併せて、食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくり吸収するので、体内におけるブドウ糖の吸収を緩和します。1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病が、主な糖尿病の種類です。その内、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく最も多くの患者数を有するのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきないのですが、そのことが悪化の原因となってしまいやがて合併症を引き起こす要因となります。2型糖尿病の大きな原因は誤った食生活に由来するため、食生活の改善なくして治療は行なえないのです。体重や血糖をコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)し糖尿病性の合併症を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。いろいろな栄養素を適量とるのが、バランスのとれた糖尿病の方の食事です。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるために参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。食品交換表というのは私立ちが普段摂取している食品を、それぞれに多く含まれている栄養素を基にして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲さいしてあります。食品交換表を基に普段の食事を意識すると、料理の種類も豊富になります。体内時計の乱れには2型糖尿病や肥満を伴う危険性が潜んでいます。毎日の睡眠や体温、また体内の血圧や糖代謝・脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)代謝など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のタイミングと作用について新しく研究する分野です。もしあなたが、お医者さんから1日1600kcalの総摂取エネルギーが理想的だと言われた場合、1日における食品との交換は20単位となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選ぶことが大切ですね。いわゆる「食品交換表」には、外食メニューの代表的なものも掲さいされています。普段から、カロリーなどを頭に入れておくとよいでしょう。また、薬での治療を受けている患者さんの場合は、食べるタイミングを適切に判断しないと、状況次第では低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用して下さい。いわゆる糖尿病とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンがうまくはたらかなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血圧・血糖・血清脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽)を予防し、病気に縛られないいつもの暮らしや満たされた人生を送れるように努めることです。様々な治療法のうち、適切な食事療法を介して、糖尿病に追随するその他の病症(合併症や動脈硬化症など)も回避できます。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと想像している患者さんが多数だと思います。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、大抵の食べものを摂ることができます。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるわけではなく、食べ物の栄養バランスと総摂取エネルギーを照らし合わせながら実践することが重要になります。根本的な食事療法の考えは、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、健康なひとも含め皆様が考えないといけないことなのです。一日三回の食事の量は、毎食ごとなるべく同じくらいがよいのですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、過度な食欲を回避できたりするからです。多忙なしごとの合間に、短時間での食事摂取は回避しましょう。血糖値を下げるには食物繊維が望ましいので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして下さい。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂って下さい。患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「食生活を改めたいけれど、ナカナカ難しい、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、予防のための注意を払うことは少ないかもしれないのです。しかし、糖尿病の境界型になると、だんだんと自覚症状も出てきます。たとえば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。「緩やかな糖質制限食」は、1食あたり糖質40グラムまでが目安です。一日3食のバランスを考えながら、食事は少なめにすることが大切です。若い人にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありないのです。当然「カツ丼とざるそばセット」なども良くありないのです。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の見解から種類豊富な幕の内弁当と食事の量を半分にすることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜やお魚・お肉なども豊富に摂取しましょう。続きはこちら⇒糖尿病 宅配弁当 口コミ