腎臓病の治療食は低たんぱく質、高エネルギー食であることが不可欠の条件です

カリウムは、筋肉や神経の正常な活動を助けるミネラルの一種、腎臓に障害があると、カリウムを十分に尿に排泄することが難しくなり体内に蓄積されてきます。血液中のカリウム濃度が高くなりすぎると危険で、不整脈が起きたり、心臓が止まって突然死に至ることさえあります。こうした危険を避けるためには、血液中の濃度が正常範囲に保てるように、カリウム摂取量を制限することが必要になります。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。尿を作る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、これらの機能は我々の体にとってとても大切です。言うまでもなく、腎臓の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大切になりますが、日常的に健康的な生活を意識することが大切になります。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。昨今の腎臓病は、糖尿病、高血圧、肥満症などのいわゆる生活習慣病が直接の原因となって発症するものや、生活習慣病の背景にあるメタボリックシンドロームが腎機能低下増悪因子として関わるものが増えています。 このため長く腎機能を温存するためには適切な薬物療法を受けるとともに、患者さんご自身が病気の原因、重症度、また合併症に対する正しい知識を習得し、生活習慣の改善と適正な自己管理に取り組むことが大切です。食事で摂取し立たんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に流れて分離された末、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を正いつも保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない訳にはいけません。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行う際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きちんと搾る事で効果は高まります。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。このような食事療法に関しては、栄養士の指示で各種の工夫についてしることが可能です。仮に開業医さんに食事指導をうけ付けて貰えなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、なるべく腎臓病を悪化指せない事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析導入を遅らせることが可能です。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味をもちます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるため気をつけるようにしましょう。甘い食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例を挙げれば、ショートケーキ一つでも卵1個程のたんぱく質が含まれます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に少なからず腎臓に負担が出ます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30~40gに相当します。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較するとそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。CKDの治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)において薬物治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)と食事療法は重要で、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要になります。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧において治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施に及ばない方も多々見かけます。腎臓病の方は、チョコレートを食べる事は問題ありません。そしてチョコレートにはカルシウム、マグネシウムがバランス良く含まれ、鉄、亜鉛などのミネラルも豊富です。マグネシウムが不足すると心臓病の危険が増します。その他、カカオから作られるココアは、胃癌と関連のあるピロリ菌や病原性大腸菌O-157の増殖を抑えます。カカオ成分は虫歯を防ぐ作用や利尿効果、筋肉弛緩作用もありますので、腎臓病の方でも一度チョコレートを食べてみては如何でしょうか。PRサイト:腎臓病 食事 宅配 口コミ