体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。そんな時はナッシュの宅配弁当

体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。わたしたちの体内で日常的におこなわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」と密接に関わっています。日々の生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣は、「体内時計」に影響をもたらします。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、「いつ食べるか」という体内時計の視点を加えて、食事のリズムと機能性との関係について考える新しい研究分野です。さまざまな栄養素を適量とるのが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するために「糖尿病食事療法のための食品交換表」は、非常に役に立ちます。食品交換表というのは私たちが普段摂取している食品を、多くふくまれている栄養素により、6つの表を造り6つの食品グループと調味料に分類し、食品の重量を記載していますが、その基準は1単位80kcalです。沿うした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。毎日3食バランスよく食べて、ご飯は少なめにすることが重要です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないということです。糖質制限の例として種類の多い幕の内弁当とご飯を少なく摂ることを、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。糖尿病予備群といわれた事のある方のなかには、「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)で大丈夫、スポーツもナカナカできる時間がない」と思っている人も多いです。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、沿う考えるのも無理はないです。ですが、糖尿病の中でも境界型という段階になると、だんだんと自覚症状も出てきます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)が血中での異常な変化を示すことは、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)とよばれるホルモンに異常が見られ、血糖値が上昇したままの状態がつづく病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって体重に加え血中の状態(血圧・血糖・血清脂質)のバランスを良好に保つことで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞・脳梗塞(脳の血管に血栓などが詰まって、血流を遮断することで脳細胞が壊死してしまうことで起こります)・足壊疽)を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)は持ちろんのこと、充実した人生をおくるようにすることです。治療のための食事療法を正しく実行すれば、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。人は加齢と共にインスリン(すい臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進する働きがあります)の働きが低下するため筋肉への糖の吸収が減っていきます。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。特に食後は、ブドウ糖がいっぺんに体の中に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値が上昇するのを防ぐ方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)として「ベジタブルファースト」があります。食事のとき、先に野菜から食べる食事法です。食物繊維が多量にふくまれたゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。ご飯や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。糖尿病は、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病に大別できます。その中でも、食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)や生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣と関わりが深くもっとも多く罹患するのが、「2型糖尿病」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、そのことが悪化の原因となってしまいゆくゆくは合併症の要因になってしまいます。間違った食習慣は2型糖尿病を引き起こす大きな原因になるので、食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を改善して治療へ繋げなくてはなりません。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。沿うした食習慣で、血糖値が上昇するのを抑えたり、過度な食欲を回避できたりするからです。シゴトで時間が取れなくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。食物繊維には血糖値を下げるメリットがありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにして下さい。ポテトやコーンは糖質に注意しながら摂って下さい。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、食品との置き換えの目安が1日20単位になりますが、栄養素のバランスを考えることが重要になってきます。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。目で見てカロリーなどがわかるようになりましょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、低血糖になることがあるので注意が必要です。献立をマンネリ化させない工夫をしたり、上手く外食の仕方を工夫して、満足のいく食事療法を実践して下さい。糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんが多いと思います。だかといって、糖尿病の患者さんにとって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるワケではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)の栄養バランスを工夫しながら実践することが目的です。こうした食事療法の目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、一般の健康な方たちにすごく必要なことなのです。続きはこちら>>>>>ナッシュ 宅配 口コミ